アート勉強ブログ

このブログは、アートに関わる仕事をしたい法律家の卵のアート勉強ブログです。 そもそもアートって何?ということを探求したり、アートオークションやイベントに行った感想であったり、気になる美術家さんのことをまとめるブログにしたいと思っています。

草間彌生展『わが永遠の魂』

草間彌生展『わが永遠の魂』に行ってきました!

草間彌生の人生を遡り、草間芸術の真髄に迫る圧巻の展覧会でした!

f:id:art-sss:20170315205810j:plain

まず入り口で目に入るのは近年のテーマとなっている正方形のキャンバスに描く作品群。ここでは撮影OKとなっているので(日本の美術館ではめずらしいことに!)、写真を撮りながらじっくりと草間の現在の芸術スタンスを堪能することができます。そしてここから、草間の人生を遡っていくこととなります。

 

初期作品

f:id:art-sss:20170315205236j:plain

現在の極彩色の世界とは打って変わって、初期作品は暗鬱・閉塞感の感じる作品となっています。草間は今で言うところの統合失調症のような症状があり、妄想幻聴に悩まされていたとありますから、他のひとには見えないものが見えてしまう、聞こえてしまう、という苦悩が絵に表現されています。この頃の作品にはどことなく、死の匂いがあり、死のぎりぎりのところで描いているような作品ばかりです。自分が自分ではなくなってしまうような、生きているのに自分が消滅していくような、ある意味「死」よりも怖ろしい感覚で生きていたのではないかと思わせるような暗さがあります。見ているとこちらまで鬱の世界に飲み込まれてしまいそうな、怖ろしさを感じます。

 

渡米後

f:id:art-sss:20170315205317j:plain

有名な作品、『無限の網』。この作品からは、苦しみから解放されて無我の境地に至ったような感覚を受けます。鬱屈した世界から抜け出して、悟りが開けたかのような、清々しい「無」の世界。展示からは"悟り"の過程は判明しないものの、小さな点描以外にははじまりもなく終わりもなく、モチーフもなく、完結もしていない、この絵の中には、見るものを迷いから救ってくれそうな清浄で神聖な空気感を感じさせてくれました。

 

社会派作品

f:id:art-sss:20170315205327j:plain

しかし草間はそこで終わらずに再び胎動をはじめます。今度は社会に向けてのメッセージを発信していくのです。草間作品は、ショッキングなもの、グロテスクなもの、死の匂いを感じさせるものへと変貌していきます。NYの現代アートらしい「なんだこれは?」という疑問を駆りた立たせる作品が多く、時代と環境に合わせて変化していく草間作品の力強さをこのタームでは感じることができます。
 

f:id:art-sss:20170315205656j:plain

いよいよ草間作品の代名詞とも言える「水玉」の作品群へと、作品傾向が移行していきます。均等な円を羅列していく水玉の作品群を見て私が感じたのは、生命や肉体への賛美でした。遠目から見ていると、円形の羅列は、人間の身体の一部、筋繊維や精子ミトコンドリアをモチーフにしているように見えて、それらの円形が躍動しているように見えてくれるのです。草間はこれで、生命の躍動感、肉体やものを形作るフォルム、構成体の美しさに気付いていく過程なのではないかと、私にはそう感じました。
 
正方形キャンバスの作品群

f:id:art-sss:20170315205842j:plain

壁一面に展示された極彩色の作品群からは、圧倒的な生命力、迫力、エネルギーがくらくらしそうになるほど押し寄せてきます。そこで感じられるのは、人生の喜び、世界の美しさ、といった人生を昇華しきった草間のメッセージです。今、人生が楽しいのだと、その喜びに力いっぱいに溢れ、こどものような純粋な気持ちで人生を謳歌している、ワクワクとした高揚感を感じさせます。
 
2016年から

f:id:art-sss:20170315210048j:plain

しかし、2016年のある時期を境にスッと印象が変わります。正方形キャンバス群の特徴をなす、けばけばしい色使いやド派手な模様が消えて、抽象的な文様に様変わりします。ポップアートの女王「草間らしさ」はある意味なくなるものの、洗練された点描の渦は『無限の網』を思わせ、原点回帰したのではないかというような印象を受けます。私は正方形キャンバスの作品群の中ではこの2016年からの作品が一番好きです。人生の楽しさを書ききった草間がまた新たなフェーズに入っていることを感じさせ、いまだ進化を続ける創造力に驚きを感じざるをえません。
 
草間芸術とは

f:id:art-sss:20170315210136j:plain

草間作品に共通しているのは、「点」「円」つまり円形の描写です。草間作品を一通り見ると、この世界のマクロなものもミクロなものも、全て「円形」で構成されていることに気付きます。惑星、太陽、地球、月…植物の実、水滴、瞳。もっとミクロなものになれば、細胞、細胞の中の構成物、そして究極的には分子、原子、素粒子も球体です。「円」に森羅万象の構成物が包含されていることに、最初から意識せずにも草間は気付いていたのです。時代により描くテーマは変われども、人生において一貫として円をモチーフとし、森羅万象、宇宙を描き切る、という芸術家としてのセンスに震える思いがしました。その「円の普遍性」こそが草間芸術の真骨頂なのだと思います。
 
見応えたっぷりです!ぜひ見に行ってくださいませ!
 
以上

SBIアートオークション下見会

今日は、SBIアートオークションの下見会に行ってきました。

アートオークションが存在するということ自体は知っているものの、アートオークションってどうやって行うのか、誰が運営するのか、どうやって落札されているのか、全く知らないことに、ある本を読んで気が付きました。

アートだって、売れることが大事。その売れていく様子を実際に見てみたい、と調べていくうちに、アートオークションには下見会があり、しかもその下見会は誰でも無料で見ることができるということを知り、この機会を逃す手はないと思ったのです。

調べていて直近のアートオークションで検索ヒットしたのが、SBIアートオークションのModern and Comtemporary Art のオークションでした。

アートオークションというと、サザビーズやクリスティーズが有名ですが、SBIもアートオークションに関わっているとは知りませんでした。証券会社であるSBIがどういう経緯でアートビジネスに参入したんでしょうか、気になりますね。担保として絵画を管理するところからでしょうか?

 

ーーーーーーーーーーーー

普段よりちょっとオシャレな格好で決めて、自転車で代官山までぶらりと。

ヒルサイドフォーラムにつくと、草間彌生のポスターが目立ちます。

 

f:id:art-sss:20161104003308j:plain

 

ちょっとどきどきしながら中へ。展示しているところは写真を撮ってはいけないかもと思って撮っていません。

 

最初に目につくのが、アンディー・ウォーホル、キース・ヘリングのポスター。

キース・ヘリングのポスターは1m程の大きいものでしたが、180万くらい。アンディー・ウォーホルは、マリリン・モンローの30cm四方のものがあり、それは30万円くらい。意外にも安い。アンディー・ウォーホル、30万円だったら買っちゃうかも。

f:id:art-sss:20161103233027j:plain

なんの知識もない私が知っているアーティストの作品が、目の前にあって値段が表示されて展示されているのは心地よい衝撃を感じました。「あの有名な作品が(お金さえあれば)手に入れられるかも」という購買意欲がうまく刺激されます。

村上隆のフィギュア作品やジョン・レノンのかばん(300万くらいだったかな…)、パブロ・ピカソの版画?もありました。

こういった著名なアーティストの作品を展示の最初に持ってくるところはニクイですね、財布の紐が緩む。

 

 

中盤に至ると、日本や中国の作家さんの作品がずらっと並んでいました。薄暗い中にモダン・アートがぎっしりと展示されている様子は圧巻。

気色も大きさも値段も違う作品が並べられているのでいろいろな観点から比較できますね。自分の好きな作品のテイストを確認したり再発見したり、新たな作家さんの発掘ができたりするのは、これはいい楽しみなのではないでしょうか。

こんな絵をリビングに飾りたいな、これは和室に飾りたいな、これはあのひとに見せたいな自慢したいな、といった自分のライフスタイルを想像しながら絵を見るのは、贅沢な楽しみですね。

ここで、私が気になった作品は、李 禹煥(Lee U-fan)氏と関根伸夫氏の作品でした。

李氏の作品は筆の線のみで構成された作品で、シンプルで「え?これが絵なの?」っていうようなものですが、白い壁に掛けて遠くからみると驚く程、空間がおしゃれに見える。涼しげな竹を連想させるような雰囲気は日本人の心に近いものがあるし、けれども「和」になりすぎないところが、日本のリビングの洋間にも合いそうな気がします。これは飾りたいですね!

f:id:art-sss:20161103234059j:plain

関根氏の作品は、「金」なので目立ちます(笑)

クリムトを思わせるような鈍い金色が、縁起の良い晴れましい気分になりますね。黒も基調としているので、デザイン性が卓越していてとってもおしゃれです!

金、なので今アートビジネスが盛んな中国では売れそうな作品ですね〜。(中国の方は金色が好きなようです。)

f:id:art-sss:20161103234745j:plain

あ、貼ってある画像は出品作品じゃないです。

今回は「もの派」のテーマだったんですね、今日講演会があったみたいですが聞けばよかったかなあ。

 

そして、終盤は草間彌生の絵画で締め。

草間彌生の絵は桁が違う…1000万を軽く超えてる…!

アートにかけられる金額は所得の1%だと言われていますが、単純計算してこの草間彌生の絵を買えるのは10億の所得がある方だということ。こういうちょい生々しい想像すると、俄然アートオークションの当日が楽しみになっちゃいますね。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

現代アートはよくわからない、と言われていますが、そして実際わたしもよくわからないですが、現代アートがわからないのは作家が生きているからその評価が定まっていないことにあると思うんですよね。そこを補うのが「値段(評価価格)」で、それによって、「みんながいいと思っているもの」がわかるので、価値が担保されているという点では、安心して自分の好みの作品を探せる気がしました。

 

そして、昔の宗教画や肖像画印象派と絵とは違って、現代アートは現代の家に飾れるように進化しているのだなと感じました。なので、「美術品」として捉えるよりも、「インテリア」として捉えた方が正確なのではないかと思いました。美しさ、描写の精巧さが重要なのではなくて、オシャレかどうか、家の壁にかけてどういう気持になるか、絵と一緒に生活していて気分が晴れるかどうか、そういう選び方をする。そういう選び方はインテリアに近いですよね。 アート、デザイン、インテリア、これらの境界は曖昧になっている、ということを知ることができたのは面白い収穫でした。敷居の高そうなアートででも、衣住食の「住」であると考えると、生活に取り入れられる気がしませんか?

 

  • 美術館のようにガラスケースの中に収まっている状態ではなくて、有名なアーティストの作品が「買える」「手に入れられる」というアクセスタブルな状態で見ることができること。
  • 価格が表示されているので、価値がわかりやすいこと。
  • 誰でも無料で展示を見れること。

こういった点で、アートオークションの下見会に行くメリットは大きいです!たとえ買えなくても!(笑)

さて、展示されている作品が実際に落札されるのは明後日、11月5日。

ネット上でLIVE中継をされるようなので、たのしみにしたいと思います。

それでは、また。

 

 

はじめに

このブログは、アートに関わる仕事をしたい法律家の卵のアート勉強ブログです。

そもそもアートって何?ということを探求したり、アートオークションやイベントに行った感想であったり、気になる美術家さんのことをまとめるブログにしたいと思っています。

わたしは今、弁護士になるべく法律の勉強をしていますが、将来はアートに関わる仕事に携われたらと思っています。なぜそのように思い至るかについては、また別の記事でまとめてみたいと思います。

美術史を勉強したわけではないので、アートの知識については、全然まだまだ。勉強すること自体は得意なので(笑)、アートの世界についてどんどん深めていけたらと思います。

よろしくお願いします(^ ^)

 

好きな作家さんは、草間彌生さんです。

f:id:art-sss:20161103214519j:plain